店舗ブログ
店舗ブログ前文

添加物のお話~その6~ イースト菌のガスがオーブンの中で膨らむ事でパンはふかふかに

添加物のお話が続いていますが、今回でその6にまでなってしまいました。

象の耳は添加物に拘っているということもあり、お客様に少しでも添加物について知っていただきたいと思いまして書き綴っております。それでは添加物のお話~その6~です。

では今日はグルテンとかその他と言いますか、、、

イースト菌(もしくは酵母)は糖類を食べる事でそのグルテンの中でガスを発生さえるという事を書きましたが、そのグルテンの中でイースト菌がガス→気泡を生み出しまして、

初めは大きな気泡なのですが、それを何度も伸ばして折り返し重ねることでその気泡を何個にも分割させます。

その何十、何百、何千にも分割され更に発酵させて気泡が、焼成(焼く事をパン業界ではそう呼びます)する事でパンの中の水分とガスが膨らむので、パンそのもが膨らみ、かつ当事者のイースト菌は暑さに耐えられず死滅してしまいます。

お役御免という事でイースト菌ありがとう!

となる訳です。

これがパンが膨らむ原理です。

麺類のコシといわれているものは、<菌類を練りこまず>生地に圧力を加える事で生まれたグルテンが主にその正体なんです

コシは大事ですよね!あの正体は「グルテン」なのです。

ですので今度パンを食べる時に断面を是非ご覧ください!
イースト菌が頑張って作った気泡がたくさんパンの中にありますから!
イースト菌が焼成される前に糖分をたくさん食べて、たくさんガスを生み出す事で生まれた気泡の数々が、
オーブンの中で膨らむ事でパンはふかふかになるのです!

イースト菌ありがとう!そう感謝せずにはいられません!

「除菌」「除菌」と最近よく言われてますが、この例のように「菌類」の全てが「悪」ではない事はこれでわかっていただけましたでしょうか!?

キノコ類だって椎茸のようにスーパーに並んでいるものならば、食べても支障がなく、むしろ栄養になるので販売されてます。人体に影響のあるものはひとくくりとして「毒きのこ」と言われており、人体に影響があるので「悪」とされております。

では次回は、もう少しこの辺を掘り下げてみたいと思います。