象の耳
店舗ブログ
「象の耳」はフランチャイズビジネスで全国展開しております。ここでは、地域の店舗のお得な情報やお知らせなど、どんどん発信していきます!

添加物のお話~その10~添加物のキャリーオーバーとは

前回は、防腐剤について記載しましたが、少し踏み込んでみます。

もし、食べつづけて体に蓄積すると危険かもしれない物があるのならば!
それら防腐剤の種類が少ないのならば、危険な防腐剤の名前を全て覚えて、
購入する際に商品の原材料表示の欄を見て、入っていないか確認すれば良いじゃないか!
と、私もはじめは思いました。

ですが、ここに大きな落とし穴がありました。

それは「キャリーオーバー」というルール(法律)です。

「キャリーオーバー」とは・・・
原材料の品質改良のために添加されていた食品添加物が、最終食品に持ち越される場合があります。
例えば、マーガリンに添加された酸化防止剤は、パンに使用した場合はマーガリンがパンに付着する訳ですが、
パンに付着した酸化防止剤の量は非常に微量となり、パンの酸化防止に効果があるわけではありません。

このように食品に原材料より持ち越された添加物の量が、その食品に効果を発揮するのに必要な量より明らかに少ない場合を
「キャリーオーバー」と称して、表示を免除して良い!という法律があるのです!

ただし添加物を含む原材料が原型のまま存在する場合や、着色料、甘味料等のように、
添加物の効果が視覚、味覚等の五感に感知できる場合は、キャリーオーバーにはなりません。

キャリーオーバーは次の条件に合う場合と決められています。
①原材料に使用が認められている食品添加物で、その量が認められた最大量より少ないこと。
食品が持ち越された量より多くのその食品添加物を含まないこと。
③持ち越された食品添加物の量が、食品に効果を発揮するに必要な量より有意に少ないこと。

かなり、本とネットから抜粋しちゃいましたが、、、
要は、このルールがある為に原材料表示欄に全ての添加物が記載されている訳ではなく、
また略式表記も許されている為、実際問題として原材料表示欄で添加物を見て、
この食べ物はあの添加物が入っているから買うのを辞めよう!なんて事は不可能なのです!

勉強する意味がなくなってしまうのでは!?
でもそんな事はないんですよ!

長くなってきたので、この続きは次回にします。