店舗ブログ
店舗ブログ前文

添加物のお話~その11~成分表示に隠し味の原材料は表記しなくても良い

前回の「キャリーオーバー」のお話の続きです。

この法律があるので、その商品に含まれている全ての添加物が表記されている訳ではない
という事を前回書きましたが、もうちょっとわかりやすく書きますと、

例えば・・・カレーを作るとします。
様々な材料を混ぜて作りますよね、その時に隠し味で「醤油」を入れるとします。
このカレーを販売する時の成分表示に、隠し味で使われた醤油の原材料は表記しなくても良い、
という事です。

確かに材料のその原材料を書いていたら、成分表がとんでもない事になってしまうのはわかりますが・・・
これが隠れ蓑になってしまうので、皆様が口にされている食品の成分表は、
全ての添加物が記載されている訳ではない。という事です。

でも実際は体の中には入ってます。わずかですが。

隠し味に使用されている醤油のわずかな添加物なんて、ほんの微々たる量だから、
記載されなくても人体に影響はないでしょ・・・と思われる方も多いと思いますが、
人口添加物(お薬みたいなもんです)の場合、ほんのわずかな量で人体に多大な影響を及ぼすものも実は沢山あるのです。

ですので、物事の購入は全ては自己責任だと思うのです。
物を買う場合、選択権はこちらです。どの商品を選ぶのか、当たり前の事ですがその基準は買う方次第です。

今後も添加物についてどんどん記載しますので、
あの成分表の奥にある真実に触れられるように、添加物を軸として今後も記載していきたいと思います!