店舗ブログ
店舗ブログ前文

添加物のお話~その8~消費期限と賞味期限の違い

前回は腐る、腐敗、とはどういう事かを化学的に簡略して記載しました。
少し前のお話でパンはすぐにカビが生えてしまう、という事を記載しましたが、話が脱線してしまったので、ここ数話の内容を踏まえてカビの話に戻りたいと思います。

カビとは菌の一部を指す総称の事をこう呼びます。またカビといっても種類が沢山あります。
食べ物に生えるカビもあればお風呂に生えるカビもありますし、白癬菌のように人間に寄生するカビもあるにはあります。

前回、記載した腐敗の原因となる菌類とカビの違いは、
カビの場合は、空気中の胞子が腐敗した植物や有機物(特に湿気の強い状態)に触れ、発芽し、
菌糸の表面から酵素を分泌することで、有機物を分解し、栄養を吸収し大きくなっていきます。

主に植物や肉類(というか動物性)以外に発生するのがカビだと認識していただければ、
例外も多少ありますが、おおよそ間違ってはいないと言えます。

つまりパンは腐るというよりかはカビが生えて、そのカビの部分を食べるとお腹を壊してしまうので、
カビが生えないようにすれば、パンの消費期限を延ばす事が可能になります。

ちなみに良く見る消費期限と賞味期限の違いって、

品質の劣化が早くて長くは保存がきかない食品は【消費期限】を設置し、
品質の劣化が比較的遅くてある程度の期間は保存がきく食品には【賞味期限】として表示されています。

次に、いつまでなら食べられるのかという違いについてですが、
【消費期限】で表示されている食品は名称通りで消費期限内に食べるようにし、
期限を過ぎたら食べない方が良いとされています。

一方の【賞味期限】で表示されている食品については、期限以内であれば美味しく食べられるということであり、賞味期限を過ぎたら食べられなくなるという訳ではありません。

ただし、消費期限と賞味期限の両方に言えることですが、
『開封していない状態で、表示されている保存方法に従って保存したとき』
という大前提のもとでの期限表示であることに注意する必要があり
一度開封してしまった食品については、表示されている期限内であっても、早めに食べるようにしましょう。
っていう基準が実はありますのでご注意を!

では、次はパンにカビがすぐに生えない方法!に触れてみたいと思います。