象の耳 歩み

第17話:カウント・ダウン

さつま揚げ屋の店主との出会いから、
ここから予想外の怒涛の急展開が始まったのです!

人生を変えうるのは人との出会いなのではないか・・・?

と常日頃から思っているので、これも何かの縁だし・・・

とりあえず揚げ物の移動販売をする上で大変な事や、
移動販売をやる上での心得みたいな事でも聞いてみよ~ と思い翌日・・・
名刺をくれたさつま揚げ屋さんであり移動販売車の持ち主のKさんに、これも何 かの縁!にする為に!
思い切ってお礼を兼ねてメールしてみました。

翌日には返事が来ました。
『青山で近いうちにイタ飯屋を始めます。なので あの車、使わなくなります。』

な・・なに!?

車を使わない?って事は・・・買えって事か!?
(はは~ん、だから接触してきたのか・・・?
でも中古なら安く手に入れるチャンス・・・・だが今はお金ないしな・・・)

相手の真意がわからないが、メールでのやりとりは誤解を招く恐れがある為、
直接話をうかがおうと思い、会ってくださるようにお願いをしてみました。
・・・で、何回かのメールのやりとりの後・・・

2004年2月。
そのKさんが新しくOPENさせた青山の新しいお店へ会いに行きました。
移動販売に関する質問事項を紙にまとめ、質問の嵐。

そして、全てにさらりとお答えくださり疑問がつぎつぎと晴れて行き・・・
そして、最後にKさんはこう言ったのです!

「とりあえず~車を貸してあげるから、
試しに一回やってみてから先の事考えたら?」

「お金はあとでいいしさ~、
どうせ駐車場で車を寝かせておくのももったいないしさ~
イベント紹介するから試しにやってみなよ。」

「車買って失敗したら大変でしょ?」
と、その方はさらりと言っちゃったのです。

「た・・た・・た・・確かにそうなんですが・・・」

あまりにおいしい話に喜ぶべきか疑うべきなのか、悩みました・・

はたして!!

この人は今までの苦労を知る神の使いなのか?
それとも
まだまだ甘い!と更なる地獄を見せる為に現れた悪魔の使いなのか?

しかし、金ないし罠であってもこれ以上無くなる物もないから、試しに車を借り てみて、営業をしてみよう!
そう決める。そして、そう決まりました。

で、数日後~
『4/25(日)東京都・八王子市みずき通り商店街で小さなお祭りがあるのだ けど出店料は二千円だけだから、出てみませんか?』

とのメールがKさんから来ました。
この流れには乗るべきだ!
え~い、やってしまえ!

やるべき事は山程あるが、そのイベントに出店する事を勢い?で決めてしまいま した。
イベントの日まで残り約一ヶ月半!

・まず象の耳が当たった事を想定しパクられない為に、何かの権利を獲得せねば!
・メニューってか味つけの決定!
・車の装飾
・材料の仕入れ
・値段設定
・名刺制作
・試食会・・・等、他にもたくさん!!

やんなきゃいけない事多すぎ!!
当時やってたバンドもライブ&曲作りで忙しかったのですが、どっちも両立させ なければ!との思いがあったし。

未知の世界に対する不安な気持ち。

全てを独りでやらないといけない不安な気持ち。

しかも、象の耳を売ってる人はいない訳で何で象の耳を包めば良いんだ?
どうやって仕込みをすれば良いんだ?
営業するのにはどんな道具が必要なんだ?
看板とかはどんなのがいいんだ?
デザインとか印刷とか、どうすればいいんだ!?
などなどなど。考え始めるとキリがありませんでした。

象の耳を売るにあたり相談出来る人も特にいません。
誰もこの食べ物を知らない訳ですから、何を参考にして良いのかもわかりません でした。

あ~~!!と考えれば考える程、不安になります。

しかも営業日が決まったにも関わらず、当時は笑ってしまう位に準備は何も出来 ていませんでした。

間に合うのか?
いや、間に合わせないといけません!

でも、、本当にやれるのか・・・!?
いざそうなってみると、とんでもない不安に蝕まれている自分がいました・・・

つづく