象の耳 歩み

第26話:反省と充電と・・・

二年の準備の後、私はとうとう

「日本初!不思議な揚げパン 象の耳」

として、奇蹟的に移動販売車でデビューする事が出来ました!

なのですが・・・実は・・・

あの営業終了後、フラフラになりながらも無事に帰宅し、
ろくに片付けもせず疲れ果てた私は眠りにつきました。

使用した油はとりあえず燃えるゴミで捨てようと思い、営業終了後に固めるテンプルみたいなのを油に入れていたのを忘れていたんですよね私は。

翌日。
片付けをしようと車の店舗部分の扉を開けてみると・・・

油が冷める前に車を運転した為に、固めるテンプル入りの油が大量に床にこぼれ、
帰宅途中にそれが床をばしゃばしゃと暴れた状態で冷えて固まってしまったようで、なんと例えれば良いのでしょうか・・・

そう、スライムが暴れて固まった・・・
みたいなそれはそれはひどい状態に床がなっておりまして・・・

これが見事なまでに、私のやる気を奪いました。
見た瞬間に扉を閉めて見なかった事にしました。

その後しばらくは営業結果に満足して数日は頭の中で色々考えつつも、バイト生活を送っておりました。
なんかエネルギーを使い果たし、充電が必要だったんですよね、なんとなく。

そして大事な事に気づいてしまったのです。

というのは、
八王子のお祭りは商店街の方々がコンセント(電気)を貸してくださったから良かったものの、
電気がないと、換気扇も回せず車内も真っ暗で音楽も流せず・・・(営業中はオルガン系のJAZZを流したい)

つまり、私は発電機を持ってない為に、外で営業が出来ないのです!
ちなみにフライヤーはプロパンガスで動くので電気は必要ありません)

そして、営業中に象の耳自体に重大な欠点がある事に気づいてしまったのです!!
まぁそれは、知識のある方に相談に乗ってもらうとして。。

どんなに先を予測して行動していても、やってみないとわからない事がやはり世の中にはあるようで。
壁にぶち当たったので頭を整理!

即座にやらないといけない事!

1.車の掃除!
2.発電機の入手!
3.更なる味の向上!
4.営業場所の確保!

ちなみに4に関しては近所で良さげな場所を見つけたのですが・・
果たしてここで営業出来るのか?(交渉してみないとわからないのですが)

当初は原宿とか渋谷とかで営業したいな~って考えていたのですが、
自分自身が軌道に乗るまでは、対応出来ない可能性もある為、しばらくは近所で営業場所を探そうと思った訳です。
(この後、上記のような一等地で営業するのは凄まじく大変だという事を知ったのですが・・・・)

理想的な営業場所ってどんな所なんだろう・・・!?

若者が集い、しかもそこそこみんながお金を持っていて、
しかも常に空腹で甘い物が好きそうな人達が集う場所・・・

しかも仕事をしていて自分が楽しい場所・・・・

そんな場所があるのでしょうか!?しかも近所に!?考えてみると・・・
そう、そんな理想的な場所が近所にあったのです!

そこは・・・・・

某女子体育大学。

つづく