象の耳 歩み

第31話:とうとう通常営業開始!!

そんなこんなで色々とありながらも、
この仕事で生活費を稼ぐぞ!と腹をくくってバイトを辞め、
平日は全てダイエーさんで営業、
土日はフリマやらイベントで大行列!
夜はスタジオやライブ、運転中に曲作りな生活が始まる事になるんだろうな~と
わくわくしていました。

時は、2004年7月。
とうとう通常営業初日を迎えました!
場所はダイエー武蔵村山店さん。

八王子の営業での失敗点をリストアップし、
もちろん全て克服。

ディスプレイや看板も自分で作り直し、
これなら、こないだよりもっと売れるんじゃないの!?
と自分で思ってしまう程に、
自分なりによい看板が出来上がりました。(と思っていました)

初回のお祭りであれだけ評判が良かった訳ですから!
看板も作り直したし、珍しい食べ物だし、
きっとばんばん皆さん買って下さるだろう!!
初日から行列とか出来ちゃったりして(笑)

なんて思い、朝早く起きて沢山生地を仕込みました。

そして片道1時間半かけてダイエー武蔵村山店さんに到着。
担当の店員さんに御挨拶に行き、いざ営業準備開始!

・・・・

そして日が暮れ夜になり、一日が終わり片付けをして帰路に付いたのですが・・・
帰り道、涙が頬を伝いました。軽く嗚咽していたかもしれません。

それは・・・この日1日の売上が「2200円」だったのです・・・

早朝から仕込みをし往復三時間をかけ、
トイレも我慢して8時間営業して2200円です。
売れたのは8コ。

あまりのショックの大きさと悔しさと情けなさで帰り道に涙が出ました。
そして帰宅して大量に余った生地を捨てながらまた涙が出ました。

こないだのはまぐれで、これが現実なのか?
この商品が大当たりすると思った読みは間違っていたのか?
今までの努力は無駄だったのか?

未来がとても暗く感じられました・・・
これではお先真っ暗です・・・
バイト辞めちゃったし、生活費が稼げなくなったらバンド活動にも支障が出ます・・・
そして今までの改良などに費やしてきた時間と努力も全て無駄になります・・・

そして泣くのに飽きて落ちるだけ落ちて這い上がり、
なんとか頭が冷静になり物事を考えられるようになってある事に気づきました。

毎日こんなでは心と体がもたない!
これじゃあ駄目だ!駄目だ!駄目だ!

そうだ!暗くなってる場合じゃない!
現状を変えるにはどうしたら良いかを考えよう!
今のこの最悪の状況を脱出するには何が必要!?
→答えは「売上を上げる事!!」

じゃあ、どうしたらもっと売上を上げる事が出来るのか?
どうして皆、買ってくれないのか?

なんで?
どうして?
何が悪い?

ここから私は始めてまじめに売上を上げる為の研究を始めました。

 

つづく