象の耳 歩み

第8話:そして最終日。

・・・とうとう最終日が来てしまいました。。

全額借金をして、
ポートランドに象の耳の生地の材料を知る為にわざわざ来て早一週間。
土産話は山程出来ましたが、今だ何の成果もありませんでした。

あと1日で結果を出さねば来た意味が無い事になってしまいます。
最後の日となったのでこの日が勝負です。

生地の原材料を知りたくとも、
売ってる人間が知らないのです。

・・・じゃあいったい、どうすればいいのだろうか?

考えた。
考えた。
考えた。

そして、一つだけ思いついた事があったのですが・・・
これは人の力を借りないといけないし、頼む事は出来るのですが
頼んだところで引き受けてくださるかもわからない。。

その思いついた事とは・・・

自分が以前に接客業をしていた時のお店に、
A製粉という日本最大手の会社の方がよくいらしていたのですが、
その中で一番仲良くさせていただいていた方が実は取締り役のBさんで・・・

生地を持ち帰り、A製粉の研究所で成分分析をしてもらう事!!

そうすれば原料がわかるだろ!という結構無謀極まりない考えでした。

力を貸してくれるかな!?
もうここまできたら、
ダメもとで頼むだけ頼んでみよう!

Bさんに思いっきって国際電話をしてみました。

今、自分がポートランドにいる事とその目的は、
この方にはメールで伝えてあったので事情を簡単に説明すると・・

『うちの会社の施設は思う存分使っていいから!』
と了承してくださったのです!

そうと決まれば、今日の目的は、
「揚げる前の生地を売ってもらう事」に決定!!

そして昼過ぎに会場へ。
エレファント・イヤーの屋台はあいかわらず6軒出ていました。
そしてあいかわらず行列が出来ています。

今度は彼らがどうやって揚げてるか、大きさや重さや~
どんな味付けをしてるのか・・・等を観察しながら写真を撮りまくりました。
ちなみに↓が象の耳のモデルとなった、現地のエレファント・イヤーです。
(ピーナツバター味、 大人の手のひら二個分位のサイズ)

8-1

どうしてもこれを作れるようになりたい!

そして、今度は屋台一軒一軒を周り、生地を譲ってくれないでしょうか!
とお願いしてまわったのですが、全屋台の答えは、

NO!!

そして15時すぎに、バイトのメンバーが総入れ替え。
駄目もとで再び一軒一軒周り、生地だけなんとか譲ってくれませんか!
とお願いして周ったのですが、答えは全て同じ。
門前払いに近かったです。

そして日も暮れ始め~いろんな店が閉店作業を始めだしてしまいました。

残るは一軒!

ここで駄目だったら俺はここに何しに来たんだ??
夕日を見ながら少し泣きそうになりながら、
最後の一軒へ!駄目もとで、しかしほんのわずかな勝算を抱いて!

閉店間際なら余った生地を捨てるだろうから、譲ってくれるかも!
なんて淡い期待を抱いて!
そして、けじめとして!悔いが残らないように!
閉店間際の最後の店に突撃!!

「すいません!その生地がどうしても欲しいんです!
譲って下さい!!」

『ふ~負けたよ。いいよ!内緒だぜ(笑)』

そうウインクをして2ドルで譲ってくれたお兄さんがいたのです!
始めは信じられなかったのですが、
隠れて生地を包んでくれているお兄さんを見て
魂が震えまた泣きそうになってしまいました。

そう、女神は最後に微笑んでくれたのです!

こうして私は翌朝、
いろいろと助けてくれた友人と再び再会を約束し、
そして手に入れた生地を大事に抱え、
2002年6月5日
日本に無事に帰国しました。

しかしこれはゴールではなく、闘いの始まりだったのですが。。。

つづく